白川病院の魅力

Interview

入職3年目

平島 剛

%e5%b9%b3%e5%b3%b6

 地域に根ざして働きたいと白川病院へ。入職後、2階の一般病棟に配属となり、今年で3年目。新人時代を振り返ると、自分自身の成長を実感しているが、現在も周囲から助けてもらっている面が大きいと平島さん。

入職19年目

松原 幸

%e6%9d%be%e5%8e%9f

 平島さんと同じく2階病棟に勤務。急性期まで幅広く対応している。家族の都合で県外へ出たものの、Uターンの際に働くならやっぱり白川病院だと再入職。4歳の男の子のママとして仕事と子育てを両立している。

入職10年目

中嶋 美香

%e4%b8%ad%e5%b6%8b

 介護療養型の3階南病棟に勤務。7年間勤めた後、家族の転勤で県外へ。大牟田に戻り再就職した後に2人目を出産。育休制度を経て復帰したばかりで、1歳と2歳の子育てと両立できる環境も白川病院の魅力だと話す。

 

入院に不安を感じる高齢の方をサポートしたい。

――平島

平島 物心がついた時には祖父母がいなくて、高齢の方と接する機会がありませんでした。でも、様々な場所で接してみると楽しいことが多くて。とはいえ、高齢の方はいろいろな疾患を抱えていることも多いため、入院中の精神的なサポートができたらと当院を志望しました。
中嶋 私の場合は、個人病院を経て、県外から大牟田に戻るタイミングで大きな病院で働きたいと考えていました。外科の個人病院でオペなどもしていたので、そのまま外科で働きたいと選んだつもりが、ここは療養型病院! それでも、雰囲気がとても良く働きやすいので、そのまま居続けることにしました(笑)。
松原 そうだったんですね(笑)。私は知り合いの紹介をきっかけに、家から通いやすいと入職を決めました。高校の先輩もいて、看護師同士の仲が凄く良さそうだなと感じましたね。実際に入ってみても、みんなとても仲良しで楽しく働けています。
平島 本当に優しい先輩が多く、今でも毎日のように助けられていると感じています。また、患者さまに名前を覚えていただき、「昨日はいなかったから寂しかったよ」と声を掛けられると嬉しく思います。
松原 そうですね。名前を覚えていただけると嬉しいですし、頼りにされているのかなと思いますね。
平島 はい。「うちの孫にならんね」といわれた時も本当に嬉しかったです。入院に対する不安や患者さま自身が気掛かりにされていることに対して聞き役になりながら、少しでも不安を取り除くことができる存在でいられたらと思っています。
中嶋 私は最近まで医療療養型病床の南病棟にいましたが、南病棟では入退院を繰り返す患者さまも少なくありません。もちろん、入院しないでいることがいちばんですが、再入院の時に「帰ってきたよ」なんて言われる患者さまの言葉を聞くと、病院で過ごす日々を快適に思われているのかなと自信につながります。
平島 それだけ地域に根ざす病院なのだなと感じますね。
中嶋 そうですね。なかには、独り暮らしの患者さまもいて退院後が気になりますが、外来やショートステイ、デイサービスなどで見かけると安心します。「入院中は楽しかったよ」なんて声掛けしていただけるとやっぱり嬉しくなります。

 

interview

 

 

患者さまを身内のように思う看護を提供したい。

――松原

松原 私が印象に残っているのは、看護師になったばかりの頃のこと。寝たきりの患者さまで状態が落ち着かず、ご家族も毎日面会に通われていたところ、私が夜勤の日に状態が悪くなられて…。ご家族から「ここで最後を迎えられて、皆さんがいてくれて良かったです」と感謝の気持ちを伝えていただけたことが今でも忘れられません。
中嶋 そんな風に言っていただけると看護師としてのやりがいを感じられますね。
松原 本当にそうですね。その当時の私はもらい涙を流してしまい、ご家族に掛ける言葉も出てきませんでしたが、看護することができて良かったと心から思いました。看護部長がいつも言われるように、患者さまを自分の身内のように思い、優しい声掛けをしていくことを心掛けています。
平島 今は褥瘡委員会で活動しながら褥瘡ケアに関する知識を深めています。そこであらためて自分なりに学習して判断していく大切さを感じています。病院からの資格支援もあるので、ゆくゆくは皮膚・排泄ケアの認定看護師をめざしたいと考えています。

 

 

患者さまを身内のように思う看護を提供したい。

――中嶋

中嶋 しばらくは子育てとの両立が課題ですが、私も当院で過ごす患者さまへの看護や介護を自分なりに勉強して知識を深めていきたいですね。「白川病院に入院して良かった」と思われる看護を提供できるようになりたいと考えています。認知症の方も多く、認知症に関する専門的なケアを提供する必要性も高まっているので、その部分でも積極的に学びたいと思います。
松原 私も中嶋さんと同じですね。子育てがひと段落ついたら、研修や勉強会にもっと参加したいと考えています。また、新人看護師の皆さんには、私たちが先輩から学んだように1つ1つ覚えるまで丁寧に教えられたらと思います。院内に保育園ができ、子育てしながら働きやすい環境も高まりました。安心して働くことができるのも当院の魅力です。
平島 他の病院に比べて男性の看護師や介護職員も多く、そういう面でも働きやすさがあると思います。男性の先輩からいつも気に掛けてもらえる雰囲気も心強いですね。男子会を企画していただいたこともありました(笑)。
中嶋 年間を通じてボーリング大会や食事会、忘年会などのイベントがあり、職員同士が交流を深める機会もあります。
松原 地域のビーチバレー大会やソフトボール大会などに出場するなど、それぞれに楽しめる環境があります。私もピッチャーをしていました!
中嶋 仕事と子育てを両立しながら働ける環境ですし、看護を通して多くのことを学べる職場でもあります。積極的にいろいろなことにチャレンジしたいと思う方なら、仕事もプライベートも充実できる職場だと思います。

 

看護師募集について 

links_r1_c1 links_r1_c5
links_r3_c2 links_r3_c5

 

前のページに戻る