白川タイムズ No.33

 白川タイムズ No.33を発行しました。

⇒PDF版はこちらからダウンロード

夜間防災訓練

 6月18日に夜間防災訓練を実施しました。白川病院では日頃から安全管理には十分注意を払っていますが、大半の職員が参加して行う防災訓も定期的に実施しています。火災を発生させないことが何より重要ですが、万が一の場合に備えて常に訓練し、患者様・ご家族様に安心していただけるよう努めてまいります。

成年後見人とは?~医療連携室からのお知らせ~

 成年後見人(このあとは,後見人といいます。)とは、成年被後見人(後見人の支援を受けているご本人のことです。このあとは,ご本人といいます。)の身上監護財産管理をする役割を持った人のことをいいます。

どんな人が利用するの?

白川タイムズ_1 例えば、認知症などのため判断能力が不十分で、自分の財産を適切に管理できない方などです。

 ご本人に代わって本人のためになるように援助をする人が後見人です。後見人がご本人の身上監護や財産管理などの仕事をするときは、ご本人の考えを尊重し、ご本人の生活状況や健康状態に配慮しなければなりません。

身上監護とは?

白川タイムズ_2 ご本人の生活や健康の維持、療養等に関する仕事です。

 例えば、ご本人の住まいの確保、生活環境の整備、施設に入所する契約、ご本人の治療や入院の手続を行うことです。ただし食事の世話や実際の介護などは含まれていません。

財産管理とは?

 ご本人の財産内容を正確に把握して財産目録を作り、ご本人の財産が保たれるように管理することです。

 具体的には、ご本人の預金通帳や保険証書などを保管し、年金や保険金などの収入を受け取り、ご本人に必要な経費の支払を行い、それらを帳簿につけて管理を行います。

成年後見人には誰がなる?

白川タイムズ_3 後見人には,ご本人の親族が選任される場合もありますし(これを親族後見人といいます)、弁護士、司法書士等の専門家が選任される場合もあります(これを専門職後見人といいます)。

 誰を後見人に選任するかは、ご本人の心身の状態、生活及び財産の状況その他一切の事情を踏まえ、長期間にわたってご本人の利益となるような人を裁判官が決定します。

 そのため、親族の方を後見人候補者に挙げたとしても、その方が後見人に選任されるとは限りません。身上監護については親族後見人が選任され、財産管理については専門職後見人が選任されるというケースもあります

いま話題のMERS(中東呼吸器症候群)について  

Q.MERSって何?

白川タイムズ_4A.MERS(中東呼吸器症候群)は2012年に初めて確認されたウィルス性感染症です。2003年に流行したSARS(重症急性呼吸器症候群)と同じコロナウィルスの仲間です。

 

Q.どんな症状があるの?

白川タイムズ_6A.主な症状は、発熱・咳・息切れなどです。下痢などの消化器症状を伴う場合もあります。

 

 

Q.予防法はあるの?

白川タイムズ_5A.咳やくしゃみなどの症状がある人との接触は避けます。ワクチンや特異的な治療法はなく対症療法(症状に応じた治療)になります。マスクや擦り込み式アルコールは効果があります。

 

 

Q.日本に侵入する可能性は?

A.☆感染が主に医療機関にとどまっている

  ☆誰からの感染かつながりが分かっている

  ☆感染者に接触した人は“隔離”され健康状態の確認が行われている

以上のことから「日本への侵入は、現時点では考えにくいと思われます。

 

白川タイムズ_7

 私たちの住む大牟田市(福岡県)はMERSが流行している韓国に近く観光に訪れる人も大勢います。福岡市や北九州市に行かれる人は、マスクなどの自己防衛をしっかり行いましょう!MERSに負けるな!

 

 

⇒PDF版はこちらからダウンロード

 

前のページに戻る